スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の住宅、なぜ寒い?」日経朝刊2015年1月6日

「日本の住宅、なぜ寒い?」日経2015年1月6日
日本の暖房費用を、欧米諸国と比較されることはいままでもありましたが、韓国の半分以下とはいかがなものでしょうか。低温は万病のもと、北海道が他の日本の地域より冬季の自宅死亡率が最も低いのはすでに納得のいくところです。
スポンサーサイト

築後20年の和室京壁を明るい色でキレイにしたい。

色がくすみ、カビが点々とついてる和室の壁です。施工前京壁1和室壁旧2    カビは以前エタノールで消毒済。この壁を明るい色のカイム社ビオシール塗料で上塗りをします。まずは、色見本から希望の色を選び、弊社で調合しました。
017.jpg用意した物はこれだけです。ローラー、受け皿(バケット)、小さめの刷毛(水生)、養生テープ、そして水。和室壁塗装用意品
養生をして、今回の使用するカイム社ビオシールを10%水で希釈し、よくかき混ぜて塗装スタートです。塗装中
塗装後です。和室2間、素人1人1日でほぼ終了です。塗装後1
塗装後2
塗装後3
カイム社の塗料はミネラル系下地(漆喰・自然石・コンクリート・モルタル等)に浸透すると、反応を起こし下地と一体化します。素人でもムラなく塗れました。臭いもなく、不燃性・食品にたいする安全性・ミネラル-アルカリ性でカビ防止等、すぐれものです。

まずは手軽にできる断熱補強工事

今のお住まいで冬の足元からの冷え夏の天井などからの熱気を何とかしたいと悩まれている方はたくさんいらっしゃいます。少なくとも天井と床下を断熱補強をすることで思った以上の改善ができます。ほとんどのお客様の場合、2日から3日の工事日程で、そのままお住まいになりながら断熱補強工事ができます。床下~壁~小屋裏の気流を止め、断熱材を隙間なく施工します。                                                                   まずはお気軽に弊社へご連絡ください。さらには、 断熱性能の高い窓にする、壁の断熱補強、暖房などいろいろな面からの改善方法をお客様のご予算に合わせご提案いたします。
既存ブロー1小屋裏グラスウール    

既存ブロー施工後   吹込み後
既存床ハウスボード1
床下マット状グラスウール施工

ブログを開始しました!

続きを読む

テーマ : 建設業
ジャンル : ビジネス

プロフィール

信越ビー・アイ・ビー(株)

Author:信越ビー・アイ・ビー(株)
長野県で断熱,太陽光,温水ヒーターなど太陽熱利用の工事ならお任せください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。